自社寮 寮完備でのタクシー会社 東京都で転職と住宅・社宅に即入居

寮と自社寮、どちらがお得?

タクシー会社に勤める際に寮に入社したいと考える人も少なくありません。タクシー会社では自社寮と借り上げ寮の二つがあります。これはそのタクシー会社によって異なっています。今回は自社寮と借り上げ寮の違いを詳しく説明していきます。

自社寮なら家賃を抑えて済むことが可能

自社寮というのはタクシー会社が所有している物件のことを言います。マンションやアパートタイプの物件を1棟保有して、その部屋を社員に提供します。この場合、会社敷地内にある場合もありますし、近隣にあることも多く、タクシー運転手として働きやすい環境が魅力です。家賃設定もかなり安くなっていることが多い為、負担が少ないでしょう。建物の内容によって異なりますが、トイレやお風呂は共同のことも多いようです。部屋自体は個室の場合が主流となっていますので、プライベート空間を確保することも可能です。また家族で住むことができる場合もあります。

借り上げ寮は個室が多く快適に住める

自社寮とは異なり、一般的な不動産物件を会社が借り上げているもののことを言います。一般的な賃貸物件のことが多いので、個室の上にお風呂やトイレも設置されていますので、共同使用はない場合が多いようです。もちろん全ての場合が個室でトイレやお風呂が付いているかと言えばそうじゃないパターンもありますが、基本的には借り上げの方がその傾向が強いと言えます。また、不動産屋とタクシー会社で契約しているケースか、入社した段階で探すケースがあります。入社した段階で探す場合は、希望を伝えて探してもらうことができるでしょう。この場合、家賃は高くなる傾向がありますが、タクシー会社自体で家賃の何割かは負担してくれるようです。

単身と家族寮の違いについて知る

単身寮とはその名の通り、単身で住むことができるタイプ。タクシー会社は基本的に単身向けに用意してあることが多いようです。個室を与えられることもありますし、場合によっては複数人で部屋を共有することもあります。ただし、昔はプライベート空間がないことが多かったのですが、現在は個室が与えられることが増えたようです。また、家族寮というのは家族が一緒に生活できるもののことを言います。家族と一緒に生活をしたいと望んでいる人にとってはかなり助かるものです。部屋のサイズは2LDKサイズが主となりますが、タクシー会社によっては3LDKサイズのものを用意していることもあります。ただ、残念ながらタクシー会社では家族で住むことをイメージしている会社は少ないようです。

まとめ

どちらの方が良いかという点に関しては、何を重要視するかによって決まるのではないでしょうか。家賃が安い方が良い場合には自社寮がおすすめです。プライベート空間が必要な人は借り上げの方が住みやすいかもしれません。

どこの会社に応募していいかわからない場合には、会社選びも手伝ってくれます。

【タクQ】寮付きタクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像