寮の費用 寮完備でのタクシー会社 東京都で転職と住宅・社宅に即入居

寮の費用は?タイプによって違う?

就職先としてタクシー会社を希望する人の中には寮が完備しているとありがたい人もいます。そんな人は求人募集を確認する時に完備されていることは絶対条件です。さらに費用はどう負担するのか気になるところでしょう。

生活スペースがあるととても助かります

就職先としてタクシー会社を選ぶ時に、できれば寮が完備されているところに住みたいという人は少なくありません。完備されているメリットは、就職すれば自分の部屋をあてがってもらえることです。タイプは大きくわけると二つありまして、会社が所有している自社タイプと、会社借り上げるタイプに分かれます。どちらも個室を提供してくれますが、トイレやお風呂は自社の場合は共同のこともあるので、事前に確認しておきましょう。また、一人暮らしのタイプと家族で暮らすタイプの二つに分かれますので、こちらも事前に確認しておきましょう。

家賃や光熱費用はどうなってくるか

寮での生活をおくるにあたり、当然、月々の家賃と光熱費が発生します。これらの費用はどうなってくるでしょう。タクシー会社により異なりますが、寮で生活している人の場合は会社が一部負担してくれるところが多いです。ですから、一人暮らし用でも家族用でも家賃と光熱費を含めてみると2万円程度から8万円程度の費用になるのが一般的です。自分自身で賃貸マンションや賃貸アパートを借りて生活するよりもだいぶ安く生活していけます。ここで生活しているうちにお金を貯めていけるので、将来的には寮を退去させて自分で部屋を借りさせる会社もあります。

どちらの方が安く生活できるのか

タクシー会社の寮を利用する場合、安く生活できるのは自社タイプの物件です。費用はだいぶ抑えることができますが、タクシー会社の敷地内にあったり、一棟まるまる借り上げていることが多いので、負担は少なくなります。ただし、自分が気に入った物件を提供してくれるわけではなく、すでに決まった物件です。一方、一般的な賃貸物件を寮にしているタイプなら、ある程度融通はきくでしょう。最初からこの賃貸マンションがタクシー会社としての寮と決まっているところもあれば、入社後に自分で探せる場合もあります。自分で探してそれを寮にする方が物件の融通は利きますが家賃は高くなります。

まとめ

これからタクシー会社への就職を希望する人で寮付きが条件の場合は、自社タイプか借り上げタイプか、さらに費用負担がどれくらいになっているのか、事前にタイプと費用を確認しましょう。これならお金もそれほどかからないのでお金が貯まりやすいです。

どこの会社に応募していいかわからない場合には、会社選びも手伝ってくれます。

【タクQ】寮付きタクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像