キッチン事情 寮完備でのタクシー会社の求人 東京都で転職と住宅・社宅

寮のキッチン事情が知りたい

記事のイメージ画像

タクシードライバーが寮を利用するなら、キッチンがどうなっているかをチェックしましょう。自炊したい人なら確認が必要です。個別か共同かで使い勝手も変わるでしょう。食堂があるところだと自炊のスペースがないところもあります。

個室タイプならそれぞれの部屋に設置

タクシードライバーとして地方から単身赴任をしたり、家族で職場のある地域に引っ越してくることがあるかもしれません。会社によっては寮を用意してくれているので、そちらを利用すると住居費を大幅に減らすことができます。その分生活費を抑えられます。家族で引っ越したときなどはキッチンがどうなっているか気になるでしょうが、個室タイプならそれぞれに設置されています。会社が一棟ごと持っているようなところもあれば、ワンルームを借り上げしているようなところもあります。借り上げているところであればほぼ居室内にあり、自由に使えます。ガス料金などはそれぞれで支払う必要があります。

共同で利用する仕組みの所がある

食事をするとき、外食だとそれなりに費用がかかります。自炊をすると一食当たりの単価を下げられるので、生活費を抑えたいなら自炊をした方がいいでしょう。タクシードライバーとして寮で生活をしながら仕事をするとき、キッチンはどうなっているかですが、共同で利用できる所があります。人によって外食したい人と自炊したい人がいます。広い共用スペースを使うようになっていて、それぞれ順番を守って調理をしたり食事をしたりします。共用なので、その分部屋に料理をするスペースはありません。その分広く使うことができるのがメリットです。

食堂があるなら設置されていない可能性

タクシードライバーとして働くとき、地方から都市部に単身赴任などをするかもしれません。寮が完備されているところも多く、自分で借りるよりも安く利用できます。気になるところとして自由に使えるキッチンがあるかどうかでしょうが、食堂がある時にはないかもしれません。利用者が利用できる食堂になっていて、専門の担当者が各食事を作ってくれます。費用は掛かるものの、外食に比べると安く食べられるようにしてくれています。自炊ができない人でも栄養補給ができます。どうしても自炊がしたいのであれば、自分で賃貸を借りるしかありません。食堂の設備を貸してもらえる時もあるでしょう。

まとめ

タクシードライバーの寮を利用するとき、キッチンはどうなっているかですが、建物によって異なるので確認をしましょう。ワンルームなどならそれぞれに住むための設備がありますし、食堂があるところだとない可能性があります。

どこの会社に応募していいかわからない場合には、会社選びも手伝ってくれます。

【タクQ】寮付きタクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像