光熱費は 寮完備でのタクシー会社の求人 東京都で転職と住宅・社宅

寮で使用した光熱費はどう払えばいい?

タクシー会社に転職をしたときに寮が利用できるかもしれません。光熱費もそれなりに気にする必要があり、支払い方法も確認しておきましょう。どんなタイプかで変わり、借り上げなどであれば実費を支払う仕組みが多いです。

借り上げタイプなら使った額を会社に支払う

タクシー会社に転職をするとき、必ずしも地元の人ばかりではありません。地方から都市に出てくる人もいれば都市から地方、都市から都市など様々です。その時、会社によっては寮を完備しているところがあるので、そちらを利用すると住居費用を抑えられます。光熱費の支払いが気になるところですが、借り上げタイプの住居は不動産会社と会社が賃貸契約を結びます。賃料なども会社を通しての支払いになります。そのため、使った額をそのまま会社に支払い、会社側が不動産会社や各電力会社やガス会社などに支払いをします。あまり使いすぎれば当然支払額も多くなるので、注意しないといけません。

毎月固定額が決められていてその額を支払う

タクシーでは自社で寮を保有しているところがあります。独身者向け、単身赴任者向け、家族向け等いろいろなタイプの利用が可能です。ではその時に光熱費はどうなっているかです。建物によって電力やガス、水道の利用量の管理の仕方が異なります。そのため一概には言えませんが、毎月固定額を支払うタイプの所があります。賃料と同じように金額が決められているので、給料から天引きされる形での支払いになります。名目としては、自分の部屋で使った分と、共用施設などで使った分をひっくるめての支払いになります。自分の部屋でたくさん使っても追加は不要ですが、あまり使いすぎないようにしないといけません。

会社がすべて負担してくれるケースがある

タクシー会社に転職をするとき、自宅から通う方法の他に寮の利用があります。特に条件を決めていないところもあれば、一定の条件にあてはまる人のみが利用できるところもあります。賃料は基本的にかかりますが、通常の賃貸物件を利用するよりは大幅に安く利用できるケースが多いです。では光熱費はどうなっているかですが、会社が全額負担してくれるところがあります。ですから、給料から天引きされるのは賃料のみになります。生活費の負担がかなり軽減されそうです。ただ、共用部分が多いタイプの可能性があります。個室にはトイレやお風呂、キッチンなどがついていないなどもあります。

まとめ

タクシー会社で寮を利用するとき、光熱費をどうやって支払うのか気になるかもしれません。実費や固定の他負担なしなど様々です。支払いがあるほど生活に自由があります。負担なしだと共用部分での利用が多くなる可能性があります。

どこの会社に応募していいかわからない場合には、会社選びも手伝ってくれます。

【タクQ】寮付きタクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像