アパートなど住居 お風呂事情 寮完備でのタクシー会社の求人 東京都で転職と住宅・社宅

転職する際、アパートなど住居は与えられるのか?

仕事によって働くための条件には違いがあります。タクシー会社に転職する場合、仕事と一緒に生活するためのアパート等は割り当てられるか、住む家がない人にとってはとても気になるところでしょう。これはタクシー会社によって異なってくるようですが、実際どうでしょう。

住む家も一緒にタクシードライバーになる

もともと住む家がある人は良いですが、住む家を就職した会社から借りているような場合は、仕事が無くなってしまったら住む家も無くすことになります。契約が満了になるような仕事をしている人であれば、仕事を失うだけでなく、住む家まで無くなってしまうので次の転職先を早急に決める必要があるでしょう。タクシードライバーの仕事はアパート付きの仕事を紹介してくれる場合がかなりあります。それではどうやってアパート付きの転職先を探すことができるかというと、タクシー求人の専門サイトを利用することで問題は解決します。探してみるとわかりますが、かなり多くのアパート付きのドライバー情報を見つけることができるでしょう。もちろん、全ての会社がアパート付きではありません。きちんと情報を確認しましょう。

どんなところに住むことができるか

基本的にタクシードライバーとして転職した先でアパートを提供してくれる場合、そのアパートはワンルームタイプの一人暮らし用の住居になるでしょう。仕事をしている限り、そこに住み続けることができます。自分で借りるとなれば、初期費用が相当かかってきますが、会社で借り上げている物件なので初期費用や家賃は安いです。ここでがむしゃらに働き、お金をある程度貯めることができるでしょう。これはタクシー会社により異なりますが、入居した段階で生活に必要な備品類が整っていることもあります。これなら、衣類だけ持参すればすぐに生活できるので、とても魅力的です。

アパート内容を事前に確認しておく

タクシー会社に転職をして、就職したのと同時に住む場所も提供される条件の場合、住む場所が確保されているので安心したいところですが、具体的な家賃等の費用を確認しておきましょう。家賃や光熱費等、生活にかかってくる費用は誰がどのように負担するのかを確認することが大切です。会社によっては会社と個人が折半する場合もありますし、住む場所は会社が用意するけれど、かかる費用は全て自己負担でお給料から自動的に天引きになることもあります。のちのちトラブルにならないようにするために、就職前にはきちんと確認しておきましょう。

まとめ

タクシー会社では中途採用で転職する人のために生活するためのアパートを用意してくれるところもあります。住む場所がない人にとってはこうしたタクシー会社はありがたいです。ただし、費用負担等はきちんと事前に確認しておきましょう。

どこの会社に応募していいかわからない場合には、会社選びも手伝ってくれます。

【タクQ】寮付きタクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像